ダイアログ・イン・サイレンスは、
音のない世界で言葉を超えた対話を楽しむエンタテインメントです。

体験を案内するのは、音声に頼らず対話をする達人、聴覚障害者のアテンドです。
参加者は、音を遮断するヘッドセットを装着。
静寂の世界で、集中力、観察力、表現力、そして解放感のある自由を体験します。そしてボディーランゲージなど、音や声を出さず、互いにコミュニケーションをとる方法を発見していきます。
体験の最後は、ヘッドセットを外して、皆で対話をします。

2017年、日本で初めてダイアログ・イン・サイレンスを開催し、とても大きな反響をいただきました。
体験者はコミュニケーションの豊かさ、多文化や多様性を受容することへの重要性に気づきを深めていただき、満足度の高い体験を提供することができました。
詳しくは、昨年イベントホームページをご覧ください。
https://www.dialogue-in-silence.jp/

様々な気づきや対話を提供する中心的な役割を担う「アテンド」、そして、音のない世界と音のある世界と架け橋となるスタッフ「サイレンス インタープリター」。

「サイレンス インタープリター」は手話を含む多様なコミュニケーションを用い、お客様とアテンドをつなぎ
新しい対話の場を生み出すための、大切な役割を担います。

ぜひ、サイレンス インタープリターとして活躍してみませんか。

なお、ダイアログ・イン・サイレンスに必要なあらゆる様々な技法は、研修にてしっかりとお伝えします。

ぜひ一緒にダイアログ・イン・サイレンスをお届けしましょう!

【サイレンス インタープリター募集要項】

【主な業務内容】
ダイアログ・イン・サイレンスを理解し、サイレンス体験イベントにおける「対話の部屋」での、聴覚障害のアテンドと参加者との手話等による対話支援業務、および受付業務他

【勤務日】
7月29日(日)~8月19日(日)
※10時30分~21時30分までのシフト制です。

【研修日】
4月22日(日)、5月19日(土)、6月2日(土)、6月23日(土)、7月21日(土)~7月28日(土)
※4月22日のみ午後、その他日程では全日(10~17時頃)を予定しています。

【勤務地】
ダイアログ・イン・サイレンスの会場(新宿周辺を予定)
※研修は浅草橋または新宿周辺を予定しています。

【応募条件】
・手話でのコミュニケーションができる方(資格にはこだわりません)
・指定する研修日に全日参加できること
・18歳以上であること(高校生 要相談)

【求める人物像】
・手話を含む豊かなコミュニケーションがとれること
・新しい経験を求め学ぶ意欲があり、向上心がある方
・チームの一員として良好なコミュニケーション・関係性をもって働くことができること
・イベント体験者は年齢やコミュニケーションスキル、参加動機が多種多様であるが、それらを理解し、 性格や行動を尊重できること
※上記条件および人物像に加え、勤務可能な日数が多いことも選考では優先させていただきます。

【待遇】
・時給1000円~(研修期間中は時給960円)
・交通費 1日往復1,500円まで実費支給

【採用後の流れ】
ダイアログ・イン・サイレンスのファシリテーションの技法や、必要な手話での対話技法等を研修で修得し、デモンストレーションでの実技試験を経て、合格者のみ正式なサイレンスインタープリターとして採用となります。

【選考の流れ】
履歴書(写真添付)を、メールsilence@dialogue-japan.org宛てに3月31日(土)までにお送りください。書類選考の通過者には、4月上旬に面接を行います。
※ご応募いただいた書類は厳重に管理し、ダイアログ・イン・サイレンスに関わる目的以外には使用いたしません。
※採用・不採用の理由については、一切開示いたしません。

(履歴書)
こちらのフォーマット(Wordファイル)をダウンロードの上、ご記入ください。

【お問合せ先】
ダイアログ・イン・サイレンス 担当:浅野・脇本
〒103-0002
東京都中央区日本橋馬喰町2丁目7番15号
ザ・パークレックス日本橋馬喰町3階
ダイアログ・イン・ザ・ダークTokyo Diversity Lab.
TEL : 03-6231-1640 FAX : 03-6231-1632
Mail: silence@dialogue-japan.org

「ダイアログ・イン・サイレンス2018」 のサイレンス インタープリターを募集いたします!