北陸初開催となる今回は、「暗闇で感じる工芸」と題し、伝統を未来につなげ
世界に開く金沢21世紀美術館ならではのオリジナルコンテンツをご用意しました。
視覚以外の感覚を研ぎ澄まし、金沢ゆかりの伝統工芸に触れることで、
今も息づく日本文化の新たな魅力を発見し、より深く感じていただきます。
なお、本プロジェクトは東アジア文化都市2018金沢市民連携特別事業の一環として行います。ぜひご参加ください。

【開催日程】2018年10月18日(木)~28日(日) ※22日を除く10日間
【開催時間】10時00分~17時45分スタートの回まで1日8~10回開催予定
【体験時間】約90分、各回定員10名様
 *関連トークイベント
  10月23日(火) 金沢21世紀美術館 シアター21にて開催予定
【開催場所】金沢21世紀美術館 市民ギャラリーA (金沢市広坂1-2-1)
【参 加 費】3,500円  ※小学生未満はご体験いただけません
【お申込み方法】
公式WEBサイトからお申し込みください http://www.didkanazawa.com


【主催】
一般社団法人 ユニバーサルデザインいしかわ
一般社団法人 ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ
東アジア文化都市2018金沢実行委員会
金沢市
©Dialogue Social Enterprise GmbH / Dialog in the Dark Japan

※東アジア文化都市とは
日本・中国・韓国の3カ国において、文化芸術による発展を目指す都市を選定し、現代の芸術文化や伝統文化、芸術イベントなどを実施するものです。2018年は、金沢市・ハルビン市・釜山広域市が選定されています。

北陸初開催!ダイアログ・イン・ザ・ダーク ショーケース@金沢21世紀美術館