ダイアログ・イン・ザ・ダーク佐賀 2017開催

ダイアログ・イン・ザ・ダーク佐賀 2017開催

2017年10月15日(日)~10月23日(月)まで、佐賀でダイアログ・イン・ザ・ダークを開催しました。 近隣の小学校4年生を中心に、約500名がクラス単位で体験されました。 この事業は、佐賀県とダイアローグ・ジャパン・

【Tokyo Diversity Lab.】開設のお知らせ

【Tokyo Diversity Lab.】開設のお知らせ

2017年9月から、ダイアログ・イン・ザ・ダークは東京浅草橋に新たな拠点「Tokyo Diversity Lab.」を開設し、更に飛躍しながら活動を続けてまいります。 ■企業、団体の方向け 暗闇でのビジネスワークショップ

感謝のご報告!

感謝のご報告!

DIDは8月31日、20時DID外苑前会場の看板の明かりを落としました。そして私たちは大勢のご来場者に見送っていただき大海原に出発しました。 以下が出発(出航)の朝から夜までの記録です。 ◆ご来場者総数133名。 ◆暗闇

クラウドファンディングにご協力をお願いします

クラウドファンディングにご協力をお願いします

クラウドファンディングに挑戦します! 8.31 東京会場クローズ。 新たな出発をするダイアログ・イン・ザ・ダークを応援ください ダイアログ・イン・ザ・ダーク東京・外苑前会場クローズのお知らせをさせていただいて以来、連日、

オリンピック・パラリンピック教育の一環としてDIDを体験

オリンピック・パラリンピック教育の一環としてDIDを体験

2016年から「東京都オリンピック・パラリンピック教育」の一環として、渋谷区の小学生・中学生を対象とした「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」を開催しています。 2017年3月までに、中学校1校(78名)、小学校3校(128名

「ダイアログ・イン・ザ・ダークSHOWCASE IN 埼玉県立特別支援学校塙保己一学園」開催

「ダイアログ・イン・ザ・ダークSHOWCASE IN 埼玉県立特別支援学校塙保己一学園」開催

2016年12月10日(土)~11日(日) 埼玉県立特別支援学校塙保己一学園(埼玉県立盲学校)にて、ダイアログ・イン・ザ・ダークを開催しました。 主催:一般社団法人ダイアローグ・ジャパン・ソサエティ 後援:埼玉県教育委員

ダイアログ・イン・ザ・ダーク佐賀2016 開催

ダイアログ・イン・ザ・ダーク佐賀2016 開催

2016年9月30日〜11月19日まで、佐賀でダイアログ・イン・ザ・ダークを開催しました。 佐賀県内4つの会場で、近隣の小学校12校の4年生を中心に、約900名がクラス単位で体験。 この事業は、佐賀県とダイアローグ・ジャ

ダイアログ・イン・ザ・ダーク公式本「みるということ」が発売されました

ダイアログ・イン・ザ・ダーク公式本「みるということ」が発売されました

ダイアログ・イン・ザ・ダーク公式本「みるということ」が発売されました(2015年12月22日)。 暗闇を案内するアテンドたちにフォーカスし、アテンドの日常、アテンドの活動、ゲストの皆様との交流が綴られています。 「一人の

代表・志村真介 著「暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦」発売

代表・志村真介 著「暗闇から世界が変わる ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパンの挑戦」発売

ダイアログ・イン・ザ・ダーク・ジャパン 代表の志村真介が著した本が発売されました(2015年3月20日)。 内容紹介 1993年、ある日出合った新聞の囲み記事──欧州で視覚障がい者が案内する「闇の中の対話」というイベント

「対話のある家」が“IAUDアウォード賞”を受賞しました。

「対話のある家」が“IAUDアウォード賞”を受賞しました。

積水ハウスとの共創プログラム・住ムフムラボ「対話のある家」が「IAUDアウォード2014」において“IAUDアウォード賞”を受賞しました。
受賞に際し、IAUDアウォード2014審査委員長を務めた英国王立芸術大学院名誉教授 ロジャー・コールマン氏からのコメントを頂きました。
「『対話のある家』は、日本人がUDの重要な側面を理解することを助ける貴重な資源であると審査員は考えました。そして、全盲の人とは対照的に弱い視力を持つ人たちの経験をより良く反映するために、このアイデアを発展させる相当の余地があるだろうと考えました。」