■事業の趣旨
東日本大震災の影響を受け、仕事や田畑等での作業を失った高齢者(おばあちゃん)を対象に新しい職域を創出するプロジェクトです。
 
■内容
中古の半幅帯を仕入れ、その帯を抱っこ帯にリメイク。帯の持つ上質な硬さと幅の広さが赤ちゃんを包み、抱っこする母親の体の負担も軽減させます。見知らぬおばあちゃんが、赤ん坊の幸せを願い抱っこ帯を作り、それを使う母子も情を感じ、物を通して絆を結びます。
 
■対象
津波や原発の影響を受け、田畑での仕事を失った高齢者。
 
■望む効果
被災者支援と共に日本の伝統である帯の再利用。商品を通し作り手と利用者の相互支援を狙います。
本プロジェクトでは現在物資を募集しています。
 
詳しくは以下のページをご覧下さい。
●帯プロジェクト

帯プロジェクトで支援物資を募集しています